« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

喜びの声

カスタムメイド担当です。

カスタムメイドの靴をご注文いただいたお客様から、喜びの声をいただきました。
担当する私にとっては最高の喜びです。

当社の仕事の多くは、お取引先のブランドでの靴作りです。しかし、カスタムメイドのサービスをスタートして以来、ホームページへの書き込みやメールなどでお客様の生の声を聞く機会が増えました。良いご意見も厳しいご意見も、社内で共有して今後に活かすよう心がけています。

カスタムメイドを始めて当社が最も変わったこと、それはお客様との距離が近づいたことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご来場ありがとうございました

カスタムメイド担当です。
先日もお知らせしましたが、4/15~17に開催されたJAPAN SHOE EXPOに、当社も出展致しました。
開催中は多くのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
常時数名の社員で対応しておりましたが、お待たせしてしまうケースもありご迷惑をおかけ致しました。

Dscf0490

ご来場いただいた方々から「日本の靴作りを応援する」気持ちをヒシヒシと感じました。その期待に応えられるよう頑張って参ります。


さて、当社ブースでは毎回、サンプル商品の他に、当社で靴作りを学んでいる若手の作品展示も行ない、お客様に気に入った靴を投票していただいております。今回は、早坂大祐君の作品「レイヤードシューズVol.2」が1位に選ばれました。

Cimg3379

いつかこの作品が商品化され、店頭に並ぶかもしれません・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAPAN SHOE EXPO

カスタムメイド担当です。

4/15~17に開催される、JAPAN SHOE EXPOに、当社も出展致します。
カスタムメイドシューズでは、デザイン番号MDの通称「宮城デン」のサンプルも展示しております。
それ以外にも様々なサンプルや、当社で靴作りを学んでいる研修生の作品もご覧になれますので、是非お立ち寄り下さい。

当日の模様は後日お伝えします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストリッチ

今日は革のお話です。

カスタムメイドでご選択いただける革の中に、オーストリッチ(現在は黒のみ)があります。地元山形で育てられたダチョウの革になります。


Cimg3373

えっ、オーストリッチって南国で育てるんじゃないの?という方、私も以前はそう思ってました。しかし、実は70℃もの寒暖の差に耐える強靭さをもっており、国内でも北海道から沖縄まで多くの農場で飼育されているそうなんです。

当社のある山形県にも農場があり、多くのダチョウが飼育されています。食材としてだけではなく、その革もなかなかのクォリティで、独特の高級感を感じさせる素材です(余談ですが、刺身で食べたダチョウの肉は美味かった!)

軽くて丈夫な高級素材、オーストリッチ。
全てのお取扱店にサンプルがありますので、興味がある方は是非手にとって見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフシューズ

「謹製誂靴(きんせいあつらえぐつ)」では、ゴルフシューズのオーダーも可能です。


Cimg3363

デザインは、CS-107のデザインをESの木型に乗せ変えたものをお選び頂きました。
革はOI-13(オイルレザー ダークブラウン)と、仏デュプイ社のカーフ ライトブラウンのコンビネーションです。デュプイ社の革は、世界の高級ブランドも使用している高価なものですので、かなり贅沢な仕上りのゴルフシューズです。

Cimg3365

ゴルフシューズのオプションを選択していただくと、画像のように底面にソフトスパイクピンが付きます。また、中底(靴を履いたときに足裏が接する部分)にはクッション性の高いものを使用し、ベロや履き口あたりにスポンジを入れ、フィット感を高めています。

こんなクラシックなゴルフシューズ、好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »