« 革靴の工程②製甲 | トップページ | ブラインドブローグ »

革靴の工程③つり込み

カスタムメイド担当です。

革靴の工程を紹介する第3弾、今回は「つり込み」です。出来上がったアッパーを木型にかぶせ、木型の形に成型する作業です。つり込みが緩いと木型のラインが出ませんが、強くつり込み過ぎると革が切れてしまいます。軟らかい革も硬い革もあるので、素材を見る目も必要になります。

この工程でアッパーの表情が決まってしまいますので、靴作りの中で最も重要な工程の一つ、と言えるでしょう。

Cimg3850

|

« 革靴の工程②製甲 | トップページ | ブラインドブローグ »

オーダーメイド靴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54943/43954006

この記事へのトラックバック一覧です: 革靴の工程③つり込み:

« 革靴の工程②製甲 | トップページ | ブラインドブローグ »