« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

MIYAGI KOGYO(ミヤギコウギョウ)のダブルモンク

プレス担当です。

最終仕上げを終え、出荷を待つMIYAGI KOGYOブランドのダブルモンクストラップです。

Cimg4694 スイス原皮のキップが良い色合いですね~。バックルもクラシックで上品な雰囲気のものを採用しています。

木型の形状やパターン(型紙)は、「本来あるべき位置にラインがある」ことを強く意識しています。奇をてらわず、流行に左右されない革靴。こう言う靴を待ってた方も多いのではないでしょうか。

Cimg4695MIYAGI KOGYOブランドの商品は既製靴であり、パターンオーダーではありません。東京のワールドフットウェアギャラリーさんにてお買い求めいただけます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入学式・入社式

カスタムメイド担当です。

そろそろ、入学式や入社式用のご注文が入っています。

Cimg4677

最初の一足はやはりコレ。黒のES-02 ストレートチップ(爪先部分に切り替えがあるデザイン)です。通常のビジネスから冠婚葬祭まで幅広く対応できるデザインですので、まだ革靴を持っていない方に、特にお薦めしたいデザインです。

仕上がりまで約1ヶ月かかりますので、ご注文はお早めにどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤のライニング

カスタムメイド担当です。

既製靴ではあまり見かけない、赤のライニング(裏地)の紹介です。

Cimg4676

万人にお薦めできる色ではありませんが、オーダースーツの裏地を派手な色で仕立てるような遊び心を持ったお客様に人気です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウィングチップを上品に

カスタムメイド担当です。明日から飛び石連休ですね。4連休なんて方も多いのでしょうか、羨ましい…

それはさておき、今日は当社のカスタムメイドシューズの中から、ウィングチップの紹介です。

Cimg4653_2 CS-107を、ESの木型に乗せ換えたものになります。ESのシリーズにも、ES-09などのウィングチップがありますが、切り替えの位置や穴飾りの形状が異なる為、あえてこのようなオーダーにしたようです。素材はSU-13(スエードのダークブラウン)です。

本来カジュアルなウィングチップですが、このデザインは内羽根と呼ばれるタイプであること、そして色の濃いスエードを使用していることで上品な仕上がりとなっています。グレーのウール素材のパンツに合わせたいな、なんて想像したくなります。

ところでこの靴、アメリカの取扱店に出荷するものです。どんな風に履きこなしてくれるか見に行きたいので、海外出張の申請を…してもダメだろうなあ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

キングサイズの靴

カスタムメイド担当です。

当社のカスタムメイドの自慢の一つが、サイズバリエーションの多さです。長さ(レングス)は22.0cm~30.0cm、幅(ウィズ)はD~Fの6段階から選べますので、全部で102通り!(一部のサイズについては試験的にDより細身のB、Cも用意がございます)

ちょうど仕上り間近の靴に、30.0cmのサイドゴアブーツ(両脇にゴムが付いているブーツ)がありました。

Cimg4633

画像だと分かりにくいですね…。既製靴でこのサイズを探そうとしても、選択肢も少なく、さぞかしご苦労されていたことと思います。宮城興業のカスタムメイドであれば、デザインが約60種類、革の選択肢も約50種類ありますので、これで革靴に困ることは無くなると思います!

ココログの仕様がバージョンアップされたようで、画像が別ウィンドウで拡大されるようになったようです。是非画像をクリックしてご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »