« Hayasaka Saymits Eshow 「Adding Beauty」が取扱店にてセール中です! | トップページ | オーダーメイドゴルフシューズの定番デザインと言えば! »

英Barkerブランドの靴

プレス担当です。

先日、市役所から突然の電話。「展示させてもらっている革靴なんですけど、そろそろ今風のモノに入れ替えて欲しいのですが・・・」。ああそう言えば、ずっと以前に商品を提供したことがあったなぁ、とつぶやく社長。

さっそく引き取りに行ったところ・・・こ、これは!

Cimg4809 なんと英国バーカー社ブランドの靴。もちろん宮城興業製です。

当社は創業者の時代(40年以上前!)からバーカー社(A.BARKER & SONS LIMITED )と提携をしておりました。

この靴は推定20年前のBARKER SHOES。デザインはちょっと(かなり?)古いですが、マニア垂涎の逸品なのです!

Cimg4810 中敷に輝くBARKERのロゴ。「LASTED BY HANDS」(手作業による吊り込み)と言うメッセージも誇らしげです。

この靴を囲んで昔話に花を咲かせるベテラン達。当時からの職人達には色んな想いが詰まっているいるんだろうなぁ。20年どころか、40年選手も一杯いる宮城興業です。

当時は生まれたばかりの?私も、20年間新品同様に光沢を放ち続ける革のクォリティにはビックリです。ブラウンの靴は、ドイツボックスと呼ばれる高級カーフ(仔牛の革)を使用しているとか。

一時は経営危機が伝えられていたバーカー社ですが、数年前から「バーカーブラック」と言うブランドで市場に復帰してきましたね。提携を結んだ当時の創業家はもうおらず、投資会社主導の経営になっているようですけど。

懐かしい靴に思いを馳せながら、明日も靴を作ります。あ、明日はお休みでしたbleah

|

« Hayasaka Saymits Eshow 「Adding Beauty」が取扱店にてセール中です! | トップページ | オーダーメイドゴルフシューズの定番デザインと言えば! »

その他」カテゴリの記事

コメント

価値のわからない輩には「物創り」ってものを理解できないのでしょうね。

「今風」はその時代でしか生きることが出来ない。古いままのものは化石と化すが、伝統は進化を孕んでいる。だが、それと「今風」つまり「流行」とは違う。

大量生産・消費のファストファッションのせいでその違いが分かる人間が減った。ということでしょうね。悲しい事実です。

投稿: クマ | 2010.07.03 20:31

クマ様

書き込みありがとうございます。
ファストファッションをメーカーの仕事で言うなら、「素早く”今風”の商品を低価格で作ること」ですよね。

今風であること、低価格であることが価値基準の一つだと言うことを否定するつもりはありませんが、それだけになってしまうと、クマ様の仰る通り「進化」は無いと思います。

日本は、あいにく(幸い?)ファストファッションの生産拠点ではありません。それは、私たち日本のメーカーに進化する可能性がある、と言うことだと思います。

国内で価値あるものを作り続けて行けるよう頑張って参ります。今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: プレス担当 | 2010.07.05 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54943/48775807

この記事へのトラックバック一覧です: 英Barkerブランドの靴:

« Hayasaka Saymits Eshow 「Adding Beauty」が取扱店にてセール中です! | トップページ | オーダーメイドゴルフシューズの定番デザインと言えば! »