« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

コードバンVチップ

カスタムメイド担当です。

当社は明日が仕事納めですので、この記事が、今年最後の更新になると思います。

景気の先行きが不透明な中、支えて下さる皆様のおかげで、なんとか今年も無事に過ごすことができました。
来年も喜んでいただける靴作りを目指して参りますので、宜しくお願い致します。

さて、最近仕上がったお客様の靴を紹介します。

Img_1335 品番はMD-02。素材はコードバン(馬のお尻の革)です。
コードバンらしい、鈍い光沢感が独特ですね。
スーツよりも、ジャケット+パンツのスタイルに相性が良さそうです。

このデザインは、つま先の部分に、Vの字の切り替えがあることから、通称「Vチップ」と呼ばれています。

Img_1337 MDシリーズに使われている木型は、他の木型よりも前半分の幅が広めに作られています。甲や土踏まずでしっかり足をおさえ、指先は開放されているようなフィット感を目指して開発されました。

画像の靴はDウィズ(細身)の木型を使っています。細身とは言えこれだけのボリュームがありますので、オーダーをご検討中の方、仕上がりイメージの参考にしてみて下さい。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「JAPAN LEATHER AWARD 2012」受賞作品が2誌に掲載!

プレス担当です。

先日のブログでもお知らせしたように、当社社員の渡辺繭子が、「JAPAN LEATHER AWARD 2012」のプロフェッショナル婦人靴部門賞を受賞しました。

Photo
受賞作品やインタビューなどが掲載された雑誌やMOOKが発売されていますので紹介します。

まず「Discover Japan」(12/6発売)。メイド・イン・ニッポンの製品を集めたMOOKです。記事はこちら

もう一つは、「2nd 2月号」(12/15発売)。おなじみの月刊誌ですね。記事はこちら

書店で見かけた際には、是非チェックしてみて下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sato Tailor 各店にてオーダーシューズフェア開催中!

カスタムメイド担当です。

Sato Tailor 各店(本宮、銀座、赤坂)にてオーダーシューズフェアが開催されています。

詳細はこちらをご覧下さい。

1月末までの開催だそうです。
早い方は、そろそろ春物の構想を練り始める、ちょうど良い頃ではないでしょうか?wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革靴のニオイ対策

プレス担当です。

そういえばこのブログで、革靴のニオイについて触れたことがほとんど無いような気がします。

臭くなってしまってからは、靴用の消臭スプレーを使ったり、サドルソープで水洗いすることをお薦めしますが、今回は簡単な予防のお話を。

最も簡単な予防策は、「靴をローテーションさせること」です。

一足の靴を毎日履き続け、ダメになったら買い換えると言う方、いませんか?

一日履いた靴は、足から出る汗で湿気を含んでいます。
その湿気が雑菌を繁殖させ、ニオイを生むのです。
また翌日もその靴を履いたら・・・乾く暇がありませんね。

革靴は最低でも3足持っておいて、ローテーションさせて履くことをお薦めします。
一日履いたら、二日間休ませる、と言う事ですね。

簡単なニオイ予防は、たったこれだけです。
休ませてあげる時にシューツリー(シューキーパー)を入れておくと、型崩れも防ぐことが出来ますので効果的です。

Img_1315

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ始まります

プレス担当です。

当社のある山形県は、先週末に積雪がありました。
例年は年明け前後からまとまった量が降るのですが、今年は少し早いようです。

Img_1307
今週月曜日の赤湯駅前の風景。
この日は、最高気温が0度でした。

いよいよ長い冬が始まります。
ウィンタースポーツが好きな人にはたまらない土地なんですけどね、冬になるといつもより15分早く起きて、車に積もった雪を下ろさなきゃ、とか色々と大変なんです。

あと、革靴屋なのにゴム長靴を履いて生活しなければならないのが辛いweep

皆さんが履いている当社の靴は、こんな土地で作られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉県南埼玉郡の「ショシュール」さんにてオーダーフェア開催中

カスタムメイド担当です。

埼玉県南埼玉郡にあるカスタムメイド取扱店「ショシュール」さんにて、12/10から1/9までオーダーフェアを開催中です。

詳しい内容は、リンク先のホームページをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »