« 雪が降ってからでは遅いのですが・・・ | トップページ | 繊研新聞に掲載されました »

靴の内側(ライニング)のお手入れ

プレス担当です。

先日のブログをお読みいただいた方から、「内側のお手入れも紹介して欲しい」と言うご意見をいただきましたので、今日はそのお話を。

と言っても、内側(ライニング)の革に関連したトラブルは、ほとんどが「ニオイ」だと思います。ニオイについては、先日ご紹介したように、靴をローテーションさせて履き、シューツリー(シューキーパー)を入れて保管することで予防します。

日常的に行なうケアとしては、これだけで充分だと思います。

神経質にな必要はないと思いますが、もし革のひび割れが心配であれば、たまにデリケートクリームを塗ってあげると良いでしょう。ただし、ロウ分が多く含まれるクリームを内側に使うと、革がツルツルになってしまい、履いたときのホールド感が弱まってしまいますのでご注意を。

あ、デリケートクリームを塗った後は、風通しの良い日陰で乾燥させてください。湿った状態が長時間続くと、カビの原因になります。

Img_0870

|

« 雪が降ってからでは遅いのですが・・・ | トップページ | 繊研新聞に掲載されました »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54943/56576807

この記事へのトラックバック一覧です: 靴の内側(ライニング)のお手入れ:

« 雪が降ってからでは遅いのですが・・・ | トップページ | 繊研新聞に掲載されました »