« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

靴の衣替え

プレス担当です。

最近急に暖かくなりました。
まだ寒い日もあるものの、あまり真冬を感じさせるものは身に付けづらいシーズンですね。

今回は、靴の衣替えについて。

靴は洋服に比べて、オールシーズン使用できるものも多いのですが、洋服の衣替えに併せて春夏には履かない靴(ロングブーツなど)を片付け、サンダルを出す、と言う方も多いと思います。

その際に、注意しなければならないことは何でしょう?

まず注意していただきたいのが「カビ」。
よく、収納しておいたらカビが生えた、という話を耳にします。

・履いてすぐにではなく、数日経って(湿気を抜いて)から収納しましょう
・収納する際には、シダーボールドライ(画像)など防カビ効果のあるものを箱の中に入れておきましょう。
・半年間放置するのではなく、たまに箱を開けて換気してあげましょう。

Dscf0128
もう一つ注意していただきたいのが、「クリームや汚れを落としてから収納すること」。

厚くクリームが塗られた状態だと、革の呼吸を妨げてしまいます。たまに履いていれば、外気に触れたり、足から湿気が入ってきたりしてある程度の呼吸が出来るのですが、呼吸できない状態で収納してしまうと、革がひび割れを起こしやすくなります。

汚れは、先に説明したカビの原因にもなります。

そこで、収納する前にクリームを落とすことをお薦めします。ステインリムーバーのようなクリーナーを使っても良いですし、水に湿らせて固く絞った布で拭くだけでも効果はあります。

理解してしまえば、それほど難しいことはありません。
良い靴を永く履くために、ぜひ実践してみて下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「西洋靴事始め -日本人と靴の出会い-」

プレス担当です。

3月はじめに発売された、「西洋靴事始め -日本人と靴の出会い-」(現代書館)を早速購入しました。

Img_1584
まだ読み始めたばかりですのでまともな解説などはできませんが、1870年に伊勢勝造靴場が創業するところから始まる日本の靴作りの歴史が紹介された、読み応えのある一冊になっているようです。

靴作りに携わるものとしては、当時(19世紀)の靴の写真やカタログなど貴重な資料が多数掲載されており、それを見るだけでワクワクしてきますwink

靴作りに携わる方、今後携わりたい方には読んでもらいたい一冊です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日より大阪タカシマヤ「大東北展」です!

プレス担当です。

先日のブログでも告知した、大阪タカシマヤの「大東北展」が、本日からスタートしました!

開店前の売場の様子です。

Dsc_0674

タカシマヤさんのサイトにwebチラシが掲載されていましたので、ぜひご覧下さい!(こちら

大阪の催事は初参加ですので不安もありますが、盛況を祈っております。
3/11(月)までに開催です。近くにお住まいの方々、お気軽にお立ち寄り下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪タカシマヤ「大東北展」に出展します!

プレス担当です。

3/6(水)~11(月)に、大阪タカシマヤにて開催される「大東北展」に当社も参加します!

他にも、食べ物や工芸品など、東北6県から選ばれた企業・店舗が多数参加します。

当社は、履きやすさが特徴の2ブランド、STリラックスナンジョダールを中心に販売を行います。

Img_9867 (画像は、昨年9月に日本橋タカシマヤで行なわれた大東北展の様子です)

会場では、震災の津波で流されながらも修復された「奇跡のピアノ」のライブコンサートも開かれるそうです。

大阪の皆さんに負けない、東北代表の熱気を感じにいらしてください~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カスタムメイド取扱店紹介「Totti」(静岡県沼津市)

カスタムメイド担当です。

カスタムメイド取扱店紹介、今回は静岡県沼津市の「Totti(トッティ)」さんです。

沼津駅から徒歩10分くらい?のところにあるオーダーサロン、それがTottiさん。

Img_1440
住居を改造したようなリラックスできる空間で、冨樫店長と会話しながらゆっくりとオーダーする。贅沢な時間ですねwink

Tottiさんでは、スーツ、靴、シャツはもちろんのこと、ベルト、ネクタイ、ジーンズなどもオーダーできますので、身につけるものをお探しの方、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

[店舗情報]
〒410-0881 静岡県沼津市八幡町146(地図
TEL 055-928-5898

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »