« 埼玉のショシュールが1/17よりオーダーシューズフェアを開催中 | トップページ | 世界にひとつだけの »

縫製教室

靴が出来上がるまでの工程数を細かく分けると200前後と言われていますが、昔の職人さんは、縫製担当と底付担当、主に2人で作り上げておりました。靴の縫製のことは靴の上部、つまり甲の部分を担当することから「製甲職人」と呼んでいます。当社では、この製甲の工程のほとんどを外部で行っております。協力工場と呼んでいるいるのですが、そのほとんどが、ご夫婦で自宅スペースを使ってというこのなどで、工場というよりも製甲職人たちがこの工程を担っているということになります。問題は高齢化が進んでいるということです。大量に作っているメーカーさんでしたらその部分を海外に出すということも有りでしょうが、当社は細かいロット生産なので海外に頼ることは望めません。そこで昨年から取り組んだのが、若手技術者養成の為の縫製教室です。

6ケ月を目処に実施したところメキメキ腕を上げ、この度目出度く卒業となりました。
しばらくは、教室と同じ建物内で本番の仕事に入りますが、それになれれば自宅にミシンを搬入して強力な新戦力になってくれるものと期待しています。
教室の第2段は4月開校の予定です。

|

« 埼玉のショシュールが1/17よりオーダーシューズフェアを開催中 | トップページ | 世界にひとつだけの »

活動ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54943/64844821

この記事へのトラックバック一覧です: 縫製教室:

« 埼玉のショシュールが1/17よりオーダーシューズフェアを開催中 | トップページ | 世界にひとつだけの »