カテゴリー「オーダーメイド靴」の記事

ポリシー

カスタムメード担当です。

最近仕上がった靴です。
リピーターのお客様で、今回は2足のご注文!
ありがとうございます。

Img_4172
左からES-01 内羽根プレーントゥES-02 内羽根ストレートチップ
士業(専門資格を持つお仕事)のお客様らしい、堅実なチョイスだと思いますgood

よくよくお話を聞いてみると、現在お持ちの他ブランドの靴も、そのほとんどがこの2つのデザインばかりだとか。

自分の好きなもの、似合うもの、お仕事にふさわしいものなどをよく分かっていらっしゃる方なのでしょうね。

色々なデザインを履いて楽しむのも良いですけど、こんなポリシーを持っている方、カッコイイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイズの悩み

カスタムメード担当です。

オーダーいただいた靴の紹介です。

Img_0246
先日のブログでも紹介した、ES-02 内羽根ストレートチップ。

今回の画像のほうが細長く見える事にお気づきでしょうか?

そう、この靴は[28.0cm Bウィズ]と言う、かなり細身のサイズで作られています。

一般的な既製品のウィズ(width)はEから3Eくらいがほとんどですので、このお客様はいつも緩い靴をはいていらっしゃいました。

今回はBウィズでお作りした事で「今までで一番フィットしてるhappy01」と言う感想をいただきました。

足が細く靴にお困りの方、Bウィズより対応しておりますので、是非ご検討下さい!

※Bウィズよりご注文できるのは、ESCSシリーズのみですのでご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不動の人気と言えば・・・

カスタムメード担当です。

本日はお客様の靴の紹介です。

Img_4068 デザインはES-02、革はロウ引きブラック(KI-W10)です。

当ブログでも紹介する機会の多い、内羽根ストレートチップ。
フォーマルに使えることから、持っていない人には是非お勧めしたいデザインです。

色々なブランドのストレートチップばかり購入する人もいるというくらい、紳士靴の中では不動の人気を誇っています。

このお客様は、革靴を履くといつも小指が当たることをお悩みでしたが、この靴は小指部分を微調整し、当たらないようにしています。
そのような対応もカスタムメードならではですねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外に使える!グリーンの革

カスタムメード担当です。

最近仕上がったお客様の靴を紹介します。

Photo デザインはES-24 モンクストラップ。
この靴、グリーン(KI-39)の革を使っているんです。
屋内だと画像のように黒に近い色味ですが、屋外で見るともっと明るく見えます。

グリーンの革靴、なかなか見かけませんよね。
単語だけ聞くと、抵抗がある方も多いと思います。
でも、この画像を見ると「意外にアリだな」と思いませんか?

ジャケパンスタイルでネイビーやグレーのパンツに合わせても良いですし、ベージュのチノパンやジーンズと合わせて休日にも使えますので、ON/OFF問わず大活躍してくれる1足になりそうですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフシューズもオーダーできます

カスタムメード担当です。

ご注文いただいた靴が仕上がりましたので紹介します。

Img_3988 デザインはES-11、通称「ロングウィング」と呼ばれるデザイン。

ダークブラウン(KI-23)とホワイト(ST-17)のコンビネーションで、クラシックかつスポーティな雰囲気が出ています。

ゴルフシューズにピッタリの配色で、お客様の狙い通りの仕上がりになったと思います。

最近売場で見かける事が少なくなった、クラシックなデザインのゴルフシューズ。
だからこそ、探している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気のサドルシューズ

カスタムメード担当です。

先日のブログでも紹介しましたが、春夏にサドルシューズが人気です。

お客様の靴が仕上がりましたので紹介します。

Img_2073 デザインはES-25
革はYW#5(セミオイルレザー レッドブラウン)、SU-13(スエード ダークブラウン)です。
カジュアル感をアップするために、表ハトメ(紐を通す穴に金具を付ける)のオプションをプラスしています。

Img_4709 セミオイルレザーの、透明感のあるツヤが良いですね~
また、サドル部分(紐が付いているパーツ)に濃い色を配置すると、派手すぎず、コーディネートしやすくなります。

ジャケパンスタイルに合わせたい一足ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台藤崎にてパターンオーダー受注会開催、MIYAGI KOGYO取扱開始!

カスタムメード担当です。

仙台市のカスタムメードシューズ取扱店である老舗百貨店 藤崎さんにて、「パターンオーダー受注会」を開催致します!

●期間  2015年3月19日(木)~3月25日(水)
●時間 10時~19時
●会場 藤崎 本館4階 紳士靴売場

・レアな色のコードバンなど、普段はご注文いただけない革を数量限定で提供致します。
・期間中の土日(3/21,22)は、宮城興業のスタッフが売場に立ち、接客・採寸をさせていただきます。

Img_1313
仙台近郊の皆様、ぜひこの機会にご来店下さい!



今日はもう一件お知らせです。

藤崎さんにて、弊社の既製靴ブランド「MIYAGI KOGYO」のお取扱が始まりました!
昨年9月に期間限定で販売をさせていただきましたが、その際に多くのお客様に反響をいただいたため、3月より継続的にお取扱いただくことになりました。

Img_7863
少しずつお取扱店が増えているMIYAGI KOGYO、現在は以下の店舗でお買い求めいただけます。

[MIYAGI KOGYO (品番100~103)お取扱店]

スガワラ靴店(岩手)
藤崎(宮城)
そごう千葉店(千葉)
西武池袋本店(東京)
西武渋谷店(東京)
そごう横浜店(神奈川)
ヤマザキ屋松本本店(長野)
・クリスピン松井靴店(富山)
Piccolo Kyoto(京都)
JR京都伊勢丹(京都)
JR大阪三越伊勢丹(大阪) [改装中、2015年4月2日オープン] 
sarto Arima(香川)

3/21,22はカスタムメード受注会のために宮城興業スタッフが売場に居ます。もちろんMIYAGI KOGYOについての説明も致しますので、気になる方はどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春夏用にオーダーするならこのデザイン

カスタムメード担当です。

そろそろ、春夏に向けてどんな靴を買おうか、頭を悩ませている方が増えて来ているようです。

4月は新社会人として巣立つ方には、やはり基本中の基本、黒のストレートチップです。

Es02 画像はES-02、ベーシックなES木型のストレートチップ(爪先に一文字の切替が入ったデザイン)です。
長めのシルエットのCS-106と言うデザインもあります。

「もう新社会人じゃないし、最低限必要な靴は揃っているし…」と言う方は、サドルシューズを検討されてはいかがでしょう?

Es25 馬の鞍(くら)のような切替のあるデザインです。画像はES-25
画像は茶色ですが、黒一色で作るとビジネスにも使えます。

Es_25 カジュアル向けならこんな色遣いはいかがでしょう?
休日はベージュのチノパンに、コンビのサドルシューズ。爽やかですね~

Img_8491 これは濃紺のデニムに合わせたい色ですね!逆の配色でも良さそうです。
私の私物ですので新品の画像ではなく履きこんである状態です。
表ハトメと言う、紐を通す穴に金具を付けるオプションを追加しています。

この靴に使用しているレザーは、最近ご注文可能になったセミオイルドと呼ばれるもの。赤茶は「YW#5」、薄茶は「YW#14」と言います。
希望した販売店にのみサンプルを配布しておりますので、ご覧になりたい場合は、事前に販売店に確認されることをお勧め致します。

と言う事でこの春夏、「遊べる」デザインであるサドルシューズ、おススメです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中底って?

カスタムメード担当です。

皆さんは中底(なかぞこ)と言う言葉を聞いた事がありますか?

靴の中に見える、「足が乗る箇所」の事です。
言葉じゃ説明が難しい・・・画像をどうぞ。

Img_3626 この部分です。

中底にどんなものを使用するかで履き心地や寿命にも違いが出てくるくらい、靴にとって重要な部材なんです。

中底には合成の素材を使用することも多いのですが、宮城興業のカスタムメードシューズでは、必ず革を使用しています。

革を使用すると履き心地や寿命がアップするだけではなく、足が蒸れにくくなるのです!革の中底が汗を吸収してくれるんですね。

靴を購入する際の判断基準のひとつとして、「中底が革かどうか」をチェックしてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイジング

カスタムメード担当です。

革靴の面白さのひとつと言えば、エイジング(経年変化)ですね。

Img_1818
8年くらい履いている私の靴と、もともとの革(KI-W13、ロウ引きキップダークブラウン)の比較です。

最初は少しグレーっぽいダークブラウンでしたが、黒のクリームで磨き続けた結果、ここまで変化しました。

新品の靴が自分らしくなっていくのがエイジングだと思います。お好みで、私のように黒いクリームを使うも良し、もっと革に近い色のクリームで微妙な変化を愉しむもまた良し、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧